GET BACK !

人が、かつていたところ ──エデンへ ……

こころの琴線


Gerald Finzi - Eclogue for Piano and Strings Op ...

 

 

なんと! OTTAVA が、6月いっぱいで休止するという残念なことになってしまいまった。

クラシックがイマイチ、ピンと来ないという人に手渡すピッタリの処方箋が、このインターネットラジオだった。

古今東西のクラシック音楽の美味しいところをつまみ食いした30分のミックス番組をポッドキャストにして、毎日、ぼくの iTunes に送ってくれていたのも、この3月で終了していた。

いったい、この先どうやって、クラシックの食わず嫌い病患者を治してあげればいいのだろう。

 

ぼくは、根っからのクラシックファンというわけではないが、OTTAVA と出会ってからは、音楽を聴く時間の半分は、クラシカルなものになっている。

なんと言えばいいか、ぼくは言わば、美メロ耽美主義者といったタイプの人間で、バート・バカラックカーペンターズから、ビートルズへと、10代の初めにのめり込んでいった音楽好きである。

リズムや躍動感より、メロディー重視の音楽観を持つ理由は、こころの中にある、あの弦だ。

ハートストリングス、こころの琴線が、美メロを求めてやまない。

その時、琴線がポンと弾けて、胸がきゅんとすると、理性がなにを求めても、もうどうすることも出来なくなるのだ。

 

OTTAVA が、ぼくにくれた一番の贈り物が、ジェラルド・フィンジの “ピアノと弦楽のためのエクローグ ” でした。

言いようもなく、こころが、切なくなる音楽である。

 

フィンジ エクローグ~ピアノと弦楽のための:英国の田園について | ボクノオンガク

 

 

広告を非表示にする