GET BACK !

人が、かつていたところ ──エデンへ ……

赤外線写真

Breathtaking Multicolored Infrared Landscapes


国内・海外ニュースを通じて井戸端会議ができるニュースサイト「IRORIO」で、赤外線写真 が紹介されていた。


Tumblr などで最近、不思議な色彩感覚の写真を見かけるようになって、気になっていた。撮影後に何らかの加工を施したものかと思っいたが、撮影方法そのものが特殊な写真だった。

赤外線写真とは赤外線(波長領域700nm〜1mm程度)を光源として撮影する写真技術によって撮影した写真とのことだ。
 
風景写真を撮ると、不思議なことに広葉樹や草地は明るく白っぽく写る。そして、青空や水面は黒く写る夜景効果がはたらくのだが、雲は白く写るので雲と空のコントラストが、いちだんと際立ち、印象深い写真になる。


見たこともない、白っぽい広葉樹が目を引く写真と出会ったら、たいていそれが赤外線写真だ。


 目が覚めるような色のコントラストが美し過ぎるカラフルな赤外線写真12選

広告を非表示にする