GET BACK !

人が、かつていたところ ──エデンへ ……

イエスの革命

 


旧約聖書の中で最も多く、神から話しかけられたり、命令を下されたりした人物と言えば、それはモーセ であろう。
 
映画ベンハーで主演をした、あのチャールトン・ヘストンが、もう一本の大作 “十戒” で演じた旧約聖書中の最大のスーパー・スターが、まさしく “モーセ” である。(チャールトン・ヘストンのファンの一人として個人的には、彼に猿の惑星のテーラーになってほしくなかったのだが……)
旧約聖書の最初の五書を、モーセ五書と呼ぶことからも分かるが、モーセが人類歴史に与えた影響は計り知れない。
 
出エジプト記の第三章で、モーセは初めて神と出会っている。神の山ホレブを訪れた時のことだ。柴が燃えているのになくならないという怪現象を目撃し、それを見定めようとした時、その燃える柴の中から神の声がして、モーセを呼ぶ。その時の神は、自らを名乗って、こう言っている。「わたしは、有って有る者」
有って有る者、これが神の正式な名前ということになる。


ユダヤ教徒のみならず、キリスト教徒の多くが、モーセが神からこの十戒を賜ることができなければ、人類は悪を公正に裁くことが未だにできなかったかもしれないと考えているだろう。
では、その十戒とはなんだろう? それはたぶん神が、人間に「あなたの良心に従って、正しく生きなさい」と言っても、思い通りの効果が得られないと思ったから、必要となったのだろう。十戒とは、分かりやすいのを掻い摘んで十項目、石に刻んで、モーセに山の上まで受け取りに来させた、人生のルールブックである。
 
しかし、今日の我々にとって、それは神に対するイメージを著しく悪くするような代物でしかない。
目には目、歯には歯、傷には傷、やけどにはやけど、命には命で、殴ったことには殴ることで返せという復讐に満ちた律法主義。
偶像を極度に憎み、自分以外の他の神に仕えるならば激しく嫉妬する恐ろしい神。
これでは、神は紛れもない独裁者になってしまう。
前に述べたように、人間との父子関係を築くことなど到底望めないだろう。


人間の心にはやはりレベルがある。そして、教育は、そのレベルに合わせて行わなければならない。小学生に対して、大学生に施すような主体性を重んじた自由闊達な教育ができないように、モーセの時代には恐怖心を利用してでも、教えたいことがあったのだ。
 
我々に十戒が合わないのは無理もないことである。なぜならイエスの生誕以後、人類の思想的な常識が根底から変貌してしまったからだ。
イエスが人類歴史上初めて、神と人との父子関係の秘密を明かしたのだ。イエスこそが、神を父と呼んだ最初の人だった。それは、サタンが神と人間とを引き離すため築き上げた巨大な壁を打ち砕くような、まさに革命的な出来事だったのだ。
イエスの革命後に生まれた我々は、そのことを知ろうが知るまいが、その思想を根底に持つ社会の一員として、だれもがその恩恵にあずかっている。
 
つまり我々は、奴隷のように神に仕えなくてもいいし、
たとえ、神を無視したり、無神論を唱えても、けして滅ぼされたりはしないと知っているのである。




広告を非表示にする