GET BACK !

人が、かつていたところ ──エデンへ ……

大胆不敵な気球乗り


ゲイルズバーグの春を愛す は、ジャック・フィニイ の十編の短編小説をおさめた短編集である。
 
その中でも、最もわたしが気に入ったのが、 “ 大胆不適な気球乗り ” だ。こんなに、愛らしいという言葉が、ぴったり合う小説はない。